肌を綺麗にする簡単な方法|忙しい人が見直すべき5つのコト

肌を本気で綺麗にしたい人だけ読んでください。

肌はあなたが思っているよりずっと簡単に綺麗にすることができます。

方法は簡単で、毎日続けること。そして、毎日続ける努力が必要になってきます。

毎日、正しいスキンケアを続けるだけで、肌は自然と綺麗になっていきますよ!

肌を綺麗にする簡単な方法

肌を綺麗にするには、正しい洗顔方法を身につける必要があります。

自分ではちゃんと洗顔したつもりでも、汚れをしっかり落とせていないと清潔な肌を保てません。

肌トラブルを招くことだってあります。

高い美容液や化粧水を買う前に、まずは正しい洗顔を覚え、肌をしっかりケアしていきましょう!

正しいクレンジング方法についても解説しているので、以下の記事も参考にしてください。

正しいメイクの落とし方|クレンジング方法で肌は変わる

正しい洗顔ができているかチェック!

日々の洗顔を思い出しながら読んでくださいね。該当することがあれば、すぐに改善してください。

正しい洗顔でキレイな肌を作りましょう。

1.泡立っているか?

洗顔は泡で洗うものです。

フワフワに泡立てないと、洗顔料の濃度が高すぎて刺激になったり、汚れがしっかり落ちません。まずは洗顔料をよく泡立てることから始めましょう。

モチモチで、手と手の間にクッションができる程度の泡を目安にしてください。

2.肌にのせる順番は正しいか?

比較的はだが強く、皮脂の多いTゾーンから洗い始めましょう。

頬などはその後です。

を入れず、優しく汚れと馴染ませていくように行ってください。泡を転がすような感覚です!

最後、小鼻の横などに洗い残しがないかもチェックしてくださいね。

3.水の温度は適切か?

洗い流すときは、水に近いぬるま湯で。

冷たすぎると油が固まり、熱すぎると皮脂を奪ってしまいます。

人肌程度の水温で、すすぎ残しがないようしっかり洗ってください!

4.時間をかけすぎていないか?

時間をかけると肌への負担になります。素早く肌の汚れをオフしましょう。

洗顔料は、汚れを落とす洗浄剤のようなもの。

肌にのせている時間はできるだけ短く、1分程度で好ましいですね。

5.必要ない潤いまで残していないか?

好みもあると思いますが、私はしっとりする系の洗顔料はあまりオススメできません。

なぜなら、余分な潤いを肌に残してしまうから。

潤い(油膜)が肌に残ってしまうと、次に使う化粧水や美容液の浸透が悪くなってしまうことがあります。

私のオススメは固形石鹸。

リキッドやクリームタイプの洗顔フォームと比べ、固形石鹸は余分な油を含んでいないものが多いです。

もちろん商品によって違いはあるかもしれませんが、洗顔料選びに迷ったときは固形石鹸が無難な選択だと言えます。

まとめ

肌を綺麗にしたいなら、毎日の洗顔をちょっとだけ見直してみましょう。

これまで紹介した5つの方法を洗顔前に思い出し、実践してください。たったこれだけで、肌が変わることもあります。

遊ぶことに夢中になったり、育児で自分のことに手が回らなくなったりで、日々のスキンケアが疎かになっていませんか?

この機会にぜひ、正しい洗顔方法を身につけてください。

また、あるモノを使えば、クレンジングも洗顔も1回で終わらせることが可能です。忙しい方にピッタリですよ!

>>めんどくさいクレンジングと洗顔を1回で済ませる方法はコチラ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする