顔の乾燥肌対策|化粧品に頼る前に見直すべきこと

乾燥肌の女性って多いですよね。

あなたはどうですか?顔がカサカサに乾燥したり、洗顔後に肌が乾燥することはありませんか?

顔の乾燥肌があまりにもヒドイ場合、肌が敏感になって化粧品をつけるとヒリヒリ痛みを伴うこともあります。。

肌の乾燥をどうにかしようと、あなたはこれまでに色々な対策を試してきたと思います。

でもこのサイトにたどり着いたということは、もしかするとあまり乾燥肌を改善できていないかもしれませんね。

さて、ここで問題です。

顔の乾燥肌を改善するには、どの対策が向いているでしょう?

A.化粧水を重ね塗りする
B.日常を見直す

どちらが顔の乾燥肌対策に向いているでしょうか?

顔の乾燥肌対策

Aと答えたあなた、残念。

化粧水は肌の乾燥対策にはあまり向いていません。

保湿効果の高いセラミドなどの成分は、美容液と相性が良く化粧水にはあまり配合されていないのです。

化粧水は抗酸化作用のあるビタミンC誘導体と相性が良いので、エイジングケアとして取り入れるのが最適。

乾燥肌対策として保湿をしたいのなら、セラミドなど保湿成分の多く含まれた美容液がピッタリです!

生活を見直し肌の乾燥を防ぐ

お風呂に入った後、肌が乾燥することはありませんか?

これは、温まって汗をかくことで肌が脱水し皮脂も一緒に流れてしまうから。

バスルームは湿度が高いため肌が潤っているように感じますが、実は肌の乾燥を招いてしまう危険性が潜んでいるんです。

お湯にも注意が必要。

お湯は皮脂を洗い流してしまうため、お湯での洗顔や熱いシャワーを顔にかけるのは避けた方がイイです。

オイリー肌なら問題ないかもしれませんが、肌の乾燥が気になる方は皮脂がなくなって乾燥が悪化する可能性があります。

オススメの対策はクレンジングや洗顔を後回しにすること。

メイクの皮膜があるとお湯による脱脂作用を軽減できます。体が温まった後に洗顔やクレンジングをできるので、冬にもおすすめですよ。

まとめ

顔の乾燥肌対策で大切なことは、肌の乾燥を防ぎ潤いを与えること。

保湿は潤い成分がたっぷり含まれた美容液から取り入れましょう。

そして、肌の乾燥を防ぐことも立派な乾燥肌対策。

メイクを肌に残してお風呂に入ることで、お湯の脱脂作用から守ることができます。

また、クレンジングも肌が乾燥する原因になることがあります。肌に優しく綺麗に落とせるメイク落としで対策しましょう!

>>乾燥肌を防ぐ潤いクレンジングはコチラ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする